Follow

技術に対する興味の類型 

技術に興味があるといった場合、2パターンあると思っていて、一つは「それがどのように成り立っているのか構造を突き詰めたい」で、もう一つが「それでどんな事ができるかを試してみたい」。
前者がミクロ型の科学的アプローチで細部に深堀りしていくタイプで、後者がマクロ型でサービスの可能性を追求していくタイプ。
で、世間一般的に「技術に興味がある」といった場合はマクロ型が多い気がする。
新しい言語やフレームワーク、Webサービスが出るごとにそれに飛びつくのは明らかにマクロ型の特徴。
それらを駆使してどんな事ができるかを試してみたいという好奇心で動いている。
じゃあ、ミクロ型の人は何をしてるかというと" 'a' < 'b' "みたいなコードを動かしてみた後で「なんでbの方がでかいんだろ?」と不思議に思ってしまって、言語のコードを読みにいったりASCIIコードを確認しにいったりしている。
マクロ型は現実のサービスに直結するから評価しやすいけど、ミクロ型はあまり表面上には現れてこない。「Rust使ってみたい」は聞けるけど「==と===の違いが気になる」というのはあまり聞けない。

Sign in to participate in the conversation
Mastodon

The social network of the future: No ads, no corporate surveillance, ethical design, and decentralization! Own your data with Mastodon!