Show more

なんだろ、いろいろすべてが虚無いわ

わしもこの子何言ってんの?という感想しかない

グレイの「ロンゴミニアド」の言い方が好き。
昔のマシュの「ロードキャメロット」の言い方が好き。(今はマイルドな言い方に差し替えられた

2012の年初からC社にジョインしたので、わりと初期の頃からいたんやなぁ
たしかに春先ぐらいに一周年みたいなんで盛り上がってた気がする(その時親方が一瞬キレてた記憶がある

Rubyはクラスもクラスオブジェクトだから話がややこしくなる。

Hoge.bar

Hoge.new.foo
の区別をつけたいのか

bar()

obj.bar()
の区別をつけたいのかがはっきりしてないのが悪い。

前者は一見、関数とメソッドの関係に見えるけど実際は両方ともメソッドで、後者は一見で関数とメソッドの分別ができる。

オブジェクト指向について議論しても人類が幸せになることはないから、とりあえず全部関数って言ってればいいんだよ

qiita.com/jnchito/items/68cfd7

これを読むとメソッドは関数という概念を含んでいるので、メソッドを関数と呼んでも何も問題はないのでは?
ただ、逆(関数をメソッドと呼ぶ)は場合によっては怒られそう。

完全食に対する自分の意見

> 狙った栄養素を体にとり込んだとしても、それが体内に吸収されずに、そのまま排出されることだってありますし、狙った栄養素を摂取しなくても、体内にいる細菌が食物を分解して、体に必要な栄養を生成してくれることもあるからです。
blog.osyakasyama.me/index.cgi/

栄養管理より腸内フローラ管理のほうが最近のトレンド

あれだな。
プログラマ的にいうとプログラマ以外の人達は文章のシンタックスさえあっていればコンパイルが通るけど、プログラマからするとセマンティクスエラーが出ているのでコンパイルが通らない。
みたいなことがコミュニケーションで発生しているな。
コンパイルエラーになる依頼ばかりを一方的に投げつけられるのでプログラマは死ぬ。

最近周りの会話を聞いてて分かってきたんだけど、言葉を意味じゃなくてノリで解釈してるんだよね。
そりゃあ、会話になりませんわ。

note.mu/yuki_anzai/n/n85f201ff

> 世の中の変化を捉えながら未来を見据えて、事業全体、サービス全体を通して顧客側のコミュニティ内でブランドを育成していく戦略
> 体験性を重視して合理的に判断する
> サービス品質向上、AIの成長すらオートメーションである
> 合理的なシェアする喜びが中心となる
> オートメーションとカスタマイズによる個人へのパーソナライズした売り方
> 未来の理想からバックキャスティングで戦略を考える
> ミレニアル世代は、多様性を認め尊重することで包摂的に考え、平和で豊かな社会を重視する。
> 自分の衝動を解放するための「未来を構成する問い」

いい感じのこと言ってるようで何言ってんのかわからない表現だらけ。
読めば読むほど何言ってんのかわからない。

リバプー戦みたいからもう帰って寝るか

Show more
Mastodon

mastodon.osyakasyama.me is one server in the network